医療法人社団やまと やまと在宅診療所一関

〒021-0872 岩手県一関市宮坂町2-9

TEL

|

0191-34-7025

FAX

|

0191-34-7026

スタッフ紹介

STAFF

川島 実

Minoru kawasima

院長、総合診療医

京都大学医学部医学科卒業。在学中にプロボクサーデビューし西日本新人王(ウェルター級)に輝く。29歳でボクシング引退後、自給自足生活を求めた山奥でへき地医療と出会い徳洲会グループ病院で研修。震災直後 山形から宮城県気仙沼市立本吉病院へボランティアとして通う。2011年10月同病院の院長に就任。2014年3月、同病院を退職し、医療法人社団やまと常勤医師。2021年4月やまと在宅診療所 一関 院長就任。奈良県出身。

杉山 賢明

Kemmyo Sugiyama

総合内科専門医、博士(医学)(東北大学)

ベテランテニスプレイヤー、農家見習い、コーヒー抽・疫学者、公衆衛生研究者、YouTuber。 米国ニュージャージー州生まれ、東京出身。
東北大学医学部卒業後の5年間、沖縄県の急性期病院で救急医療・麻酔科・総合内科・呼吸器内科を研修。患者さんの話をよく聞くことや身体診察など診療の基本の大切さを学びました。また、人工呼吸器など集中治療に数多く携わる中で、父をがんで看取った経験を通じて、患者さんやご家族と終末期に望む医療やケアについて対話を丹念に重ねることをモットーにしてきました。そのための啓発活動も日本各地で実施しSNS発信もしています。大学院では公衆衛生を専攻し、一人ひとりの住民のみならず地域全体を診ることも心がけてきました。在宅医療は2016年から宮城県登米市で実践してきました。都会での暮らしに違和感を感じていた頃に在宅医療に出会えたことは人生の大きな転機になりました。地方ならではの暮らしの知恵に毎日驚きを隠せませんでした。そんな間近でみる患者さんの生活に、医療人としてどう関わるべきかを常に問いながら診療しています。最近では診療するだけでなく、実際に住んでみようと決心し、岩手県に移住しました。ここ岩手の風土や人柄の良さなどに触れて、岩手がすっかり好きになりました。ここ一関でも沢山の出会いがあることを願っています。
https://youtu.be/bUXhHPARXbg
https://researchmap.jp/kemmyo56/

スタッフメンバー

  • 院長

    川島実 Minoru Kawasima

  • 医師

    杉山賢明 Kemmyou Sugiyama

  • 看護師

    菅原芳樹 Yosiki Sugawara

  • 診療アシスタント

    今野祐美 Yumi Konno

  • 診療アシスタント

    佐藤友美 Yumi Sato

  • 事務長

    小野寺達也 Tatsuya Onodera